s_fit2(1)




画像の説明



こんにちは。

日刊コンピ指数の革命家、田中洋平です。

このページをご覧になっているという事は、
すでに「ハイランクキャプチャー」を、手にしてくれているかもしれません。



「ハイランク」→「ミドルランク」

なんか格が落ちた印象を受けるかもしれませんが、それは誤解です。

「ハイランク」とは、上位を指します。

つまりコンピ2~4位を攻略するという意味です。

そして「ミドルランク」は、中位を指します。

5~7位を「キャプチャー(捕捉)」する!という意味です。

決してランクが落ちるという意味ではありません。

むしろ、ミドルランクの方が、配当的な妙味が増し、破壊力バツグンになります。

今回も面倒な手順はまったくありません。

「エクセル」必要なし!

「電卓」すら必要なし!

ひと目で、コンピ5~7位の狙い目を、捕捉することが可能です!


画像の説明

足し算も、引き算も、必要ありません。



まずは、

コンピ1位の指数値が【?】~【?】のレースを探してください!



見つけたら、次は、

コンピ5位の指数値が【?】~【?】の時、コンピ5位を狙いなさい!

コンピ6位の指数値が【?】~【?】の時、コンピ6位を狙いなさい!

コンピ7位の指数値が【?】~【?】の時、コンピ7位を狙いなさい!

簡単すぎて申し訳ないですが、これだけです。

まるで、出目理論の代表的な手順のようですが、もちろん内容は似て非なるものです。

これだけで・・・



s_fit25(1)



これだけの成績を確保できます。

コンピ指数だけで、ここまでの精度のモノを導き出すことが出来るのですから、ちょっと手を加えれば、アッという間に成績は飛躍します。

コンピ指数上で、ごちゃごちゃと数字をコネ回すのではなく、しっかり背景では、どんな状態になっているのか?を考えているから成せるワザなのです。

「ハイランクキャプチャー」でも書きましたが、ここでもコンピ指数と当日人気の乖離は、コンピ攻略に有効です。

画像の説明

競馬最強の法則2012年8月号にて公開した、「コンピ指数を使ってカンタンに重賞レースを当てる!」作戦が、まさにそれ!

重賞レースの1番人気は、テレビやスポーツ紙で連日注目され、人気が人気を呼ぶスパイラルに巻き込まれます。

それが過剰投票を呼び、実力以上に人気になってしまう。

しかしコンピ指数は、前日発表のため、当日の「人気が人気を呼ぶ」オッズの動きは加味されていないのです。

その過剰人気ギャップを狙う作戦でした。

場合にもよりますが、コンピ指数がその馬の適正な評価とも言える訳です。

そして、この作戦は今回も使えます。

コンピ5位ならば、5~8番人気

コンピ6位ならば、6~10番人気

コンピ7位ならば、7~12番人気

すなわち、コンピ指数順位より、人気にならなければ配当的な妙味が発生します。




s_fit26(1)


この様に、成績はある程度キープしながら、配当的な妙味を発生させることが出来ます。

これは、コンピ指数全般に言えることですので、ぜひ研究なさってみてください。





画像の説明






s_fit28(1)





画像の説明









a:4463 t:3 y:1

powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM