画像の説明




s_fit1(1)



こんにちは。

日刊コンピ指数の革命家、田中洋平です。

このページをご覧になっているということは、私の自己紹介は無用だと思います。

何故なら、この「ハイランクキャプチャー」は、普段から私とお付き合いのある方にしか公開していないからです。

私はこれまで、オッズの代用として、コンピでレースの波乱度合いを分析する方法を、世に送り出してきました。

しかし分析が進むにつれて、手順が煩雑化して、初心者の方からは、「難しい」とのご意見もしばしば。

そこで、今回は初心者の方向けに、コンピ指数を簡単に攻略する方法を公開することに致しました。


画像の説明

足し算も、引き算も、必要ありません。



コンピ2位の指数値が【?】~【?】の時、コンピ2位を狙いなさい!

コンピ3位の指数値が【?】~【?】の時、コンピ3位を狙いなさい!

コンピ4位の指数値が【?】~【?】の時、コンピ4位を狙いなさい!

簡単すぎて申し訳ないですが、これだけです。

まるで、出目理論の代表的な手順のようですが、もちろん内容は似て非なるものです。

これだけで・・・



s_fit6(1)



これだけの成績を確保できます。

重要なのは、

なぜこのように高い水準の成績になるのか?

これを説明できること。

「なんとなく、このコンピ指数範囲は、成績が良い。」

これではダメなのです。

コンピ指数は、予測オッズだということを踏まえて、考える必要があります。

単純なことですが、この部分を無視して攻略すると、それはただの出目理論になるので、注意が必要です。

また、これまで私が提唱してきた様に、コンピ指数と当日人気の乖離は、コンピ攻略に有効です。

画像の説明

競馬最強の法則2012年8月号にて公開した、「コンピ指数を使ってカンタンに重賞レースを当てる!」作戦が、まさにそれ!

重賞レースの1番人気は、テレビやスポーツ紙で連日注目され、人気が人気を呼ぶスパイラルに巻き込まれます。

それが過剰投票を呼び、実力以上に人気になってしまう。

しかしコンピ指数は、前日発表のため、当日の「人気が人気を呼ぶ」オッズの動きは加味されていないのです。

その過剰人気ギャップを狙う作戦でした。

場合にもよりますが、コンピ指数がその馬の適正な評価とも言える訳です。

そして、この作戦は今回も使えます。

コンピ2位ならば、2~6番人気

コンピ3位ならば、3~7番人気

コンピ4位ならば、4~8番人気

すなわち、コンピ指数順位より、人気にならなければ配当的な妙味が発生します。




s_fit7(1)


この様に、成績はある程度キープしながら、配当的な妙味を発生させることが出来ます。

これは、コンピ指数全般に言えることですので、ぜひ研究なさってみてください。




s_fit8(3)





s_fit9(1)









a:8162 t:1 y:5

powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM