混戦を征する者。

競馬には、様々なチカラ関係のレースが存在します。

1頭だけがズバ抜けたレースもあれば、すべての馬の実力が拮抗しているレースもある。

これは極端な例で、考え方によっては「1強+3頭」なんかも存在します。

今回のレースのチカラ関係をどう捉えるか?

これは個人の判断力によって様々ですが、レースのチカラ関係を把握していないと、馬券の的中が遠のくことはご存知の通りです。

私の発言的にお馴染みになりましたが、本命決着になりそうなレースで、万馬券を購入しても、高い確率で紙くずになります。

逆も同じで、波乱要素の強いレースで本命馬券に分厚く張ることは、かなり無謀と言えるでしょう。


「戦略」と「戦術」

馬券を予想する際に、皆さんもレースの傾向をなんとなく予測していると思います。

オッズや人気、前走の着順など、レースに出走する馬のチカラ関係を把握しようとする=予想だとも言えます。

あの馬に勝ったから、こっちの馬の方が強い!?

前走のタイムを比較すると、上位3頭は互角かな!?

こんな感じですね。

この様に、自分独自の予想方法に従って、馬に順番を付けていく作業です。

でもこれって、個々の馬同士の能力比較はしていますが、レースの全体像は把握できてないですよね。

よくある話ですが、「戦略」と「戦術」で説明しましょう。

まずは2つの違いです。


戦略(strategy:ストラテジー)
全体的な方針。
大局的な見地。

戦術(tactics:タクティクス)
戦略に基づいて細かい個所を決める。
局地的な作戦。




上記の通り、「戦略」は全体的な方針を決めるもので、「戦術」は局地的な作戦を立てるものです。

競馬予想で考えると、


「戦略」
レース全体のチカラ関係を把握

「戦術」
個々の馬の能力比較


この様に分けることが出来ます。

しかし、多くの方が「戦術」だけで、馬券を買っていることが現状です。

自分が気に入った名前の馬や、自分の誕生日の馬番を買っているような、競馬素人なら良いですが、真剣に競馬に向き合っている方なら、「戦略」を意識して馬券を買う必要があります。

もし、これまで「戦術」だけで馬券を買われていたなら、ぜひ「戦略」の部分を見直してください。

きっと馬券効率が上がり、収支も向上するでしょう。


適材適所で考える

競馬で「戦略」と「戦術」を立てるために、使用するファクターの例を提示しましょう。



「戦略」
オッズ(人気順位)
コンピ指数
競馬新聞の予測オッズ
展開予測


「戦術」
ラップ
能力系指数(スピード指数など)
騎手の能力
血統
調教仕上げ
前走成績



この様な感じに分類できると思います。

繰り返しになりますが、「戦略」ファクターを使って、レースの全体像を把握しましょう。

オッズ、コンピ指数、予測オッズは属性が同じですが、個々の馬がどれくらい評価されているか?を測ることが出来ます。

代表的な例ですが、1頭だけズバ抜けた馬がいて、あとの馬はドングリの背比べ状態だった場合、抜けた馬がコケることが多く、下位人気の台頭が頻繁に発生します。

3~4頭ソコソコ強い馬がいるレースでは、その馬同士で決着し、下位人気の出番は無いことがほとんどです。

なぜこんなことが起こるのか?

その答えは、非常に簡単です。

例えば、あなたが16頭中、8番人気の馬に乗っていると考えてください。

8番目と言っても、圧倒的に強いのは1頭だけ。

あとの馬はちょっと違えば、どうとでも転がる力量差です。

競馬は何かあるか分かりませんし、1頭だけなんとかすれば、勝つチャンスがあるので大胆な作戦もありかな~。

あなたは、きっとこんな気持ちになるでしょう。

逆にソコソコとは言え、4頭強い馬がいた場合、勝ち切るのはちょっと難しいから、道中ロスなく乗ってチャンスがあれば・・・

こんな心理になるのではないでしょうか?

少し話が逸れましたが、単体の能力比較では見えてこない部分が、オッズやコンピ指数を使えば、把握できると言えます。

展開予測は少し違いますが、「時計の掛かるコースだから逃げ馬有利」だとか、「切れ味を求められるコースだから差し馬有利」などを考えて、レースに出走している馬の脚質関係やポジション取りを予測する。

これも十分「戦略」だと言えると思います。

例えば、「差し馬が有利」だったとしても、レースに出走している差し馬を全頭買うわけにいきません。

差し馬の中から「戦術」ファクターを使って、個別に比較し、一番勝つ可能性の高い馬を探し出す作業が必要です。

この様に、「戦略」と「戦術」、どちらが欠けても予想できないのです。


コンピ指数を使って、その先を見据える!

さて、馬券検討の上で「戦略」の重要性はご理解いただけたと思います。

そして田中洋平の馬券術ですから、「戦略」を立てるためにコンピ指数を使用します。

やはりオッズは動き回りますので、前日から十分な戦略を立てるには、コンピ指数が一番適していると思います。

今回は「混戦」をアナライズ(分析)するわけですが、コンピ指数は所詮予測オッズですので、実際のオッズ(チカラ関係)とは異なってしまうことも多々あります。

コンピ指数を使って戦略を立てている方なら、経験があると思います。

しかしコンピ指数が苦手とする「混戦」レースでも、ある基準を設ければ、傾向分けすることが可能なのです。

そして傾向分けしたら、必ず実際のオッズを想定することが大切です。

コンピ指数上で起こる現象だけを鵜呑みにしていると、必ずその先には破綻が待っています。

なぜなら、コンピ指数は「予測オッズ」だからです。

コンピ指数上で表現されている「チカラ関係」が、実際のオッズでも表現されているのか?

この作業を必ずやらないと、机上の空論から抜け出せません。

「混戦アナライズ」では、混戦レースの傾向を4つに分類して、実際のオッズと同じ「チカラ関係」なのか?をしっかり照らし合わせています。

そこが合致したのを確認して、一定のチカラ関係になった場合の、オッズのスウィートスポットを狙う作戦です。

少し分かりにくいのでしょうから、マニュアル内に紹介しているリンク表をご覧に入れましょう。


画像の説明

左がコンピ指数で、右が実際の人気のデータです。

順位と勝率が、ほぼリンクしていることが分かると思います。

データは約2年、560レース分です。

ではもうひとつお見せしましょう。


s_conana3(1)

こちらも約2年、820レースというレース数でも、コンピ指数と人気順位の分布が、しっかりリンクしています。

「実際のオッズではこんなチカラ関係になるだろうな~」と、私が考え予測したコンピ指数の並びが、実際にオッズでも再現されている証明です。

これが出来ていないと、机上の空論の域を出られないと言いたかったのです。

「コンピ指数を使って、その先を見据える!」

これが、コンピ指数馬券術で再現性を担保するために、重要であることをご理解いただければと思います。


混戦アナライズの手順

コンピ指数を使う以上、レースを分析する方法が、シンプルであることは重要だと思います。

私の馬券術では、恒例ですが、今回も手順は非常にシンプルです。

レース判別の手順は以下の通りです。



①まず、コンピ指数●~●位の指数値を足し算して2つに分類します。

②次に、コンピ指数●位の指数値をチェックして、更に2つに分類します。

③あとは決められた順位のコンピ指数値をチェックするだけ

たったの3ステップです。

上記の説明では分かりにくいですが、「混戦アナライズ」では、①~②ステップで4つのレース傾向に分類して、最後に③ステップでコンピ指数値で狙える馬を抜き出します。

シンプルですので電卓があればOKです。

しかも、この「混戦アナライズ」にも、専用の特典エクセルシートをご用意しました。

コンピ指数提供サイトが「激ウマ・プレミアム」に変更になりましたが、その新サイトに対応したエクセルシートです。

これがあれば、すぐに「混戦レース」を見抜くことが可能です。

時間がない時でも安心の特典です。


混戦アナライズの実力

結論を言うと、「混戦アナライズ」は6強横並びのレースや、準1強+5頭横並びのレースを、コンピ指数を使って見つけ出し攻略する馬券術です。

どの馬が勝っておかしくない!

そんなレースを目にすることが、多々あると思います。

一般の競馬ファンの心理を読み、配当が甘くなるポイントだけを狙う方法だと考えてください。

そのツールとして、コンピ指数を使用するのです。

では、混戦アナライズの4つのパターンの成績です。


s_conana4(1)

s_conana5(1)

s_conana6(1)

s_conana7(1)

始めの方で説明しましたが、コンピ指数は「戦略」の部分です。

そして「戦略」だけで、上記の通り、すでに勝利しています。

気になる部分だと思いますが、マニュアル内では「戦術」の部分を、「実際のオッズ」で行っています。

これは今回の馬券術とリンクしてて説明しやすいことと、誰でも手に入れられるファクターだからというのが使用理由です。

もちろんあなたが普段から使用している、能力系指数やラップ理論、ローテション理論でも、「戦術」として使っていただいて結構です。

むしろ、そちらの方があなたにとっては最適かもしれません。

世の中すべてに言えることですが、簡略化すると平凡になります。

簡単に当たって儲かる!

こんな旨い話は、なかなかありません。

コンピ指数だけで簡単に儲かる!なんてことは、夢幻の話だと思ってください。

コンピ指数だけで予想を完結したいなら、かなりヒネらないと難しいと思います。

それぞれのファクターに得意分野があり、それを使い手側がよく理解して、使い分けてやることが重要なのです。

戦略面で、すでに有利なのですから、ここからあなたの「戦術」で、更に展開していけば、大きな勝利は目の前だと思います。

ぜひ混戦レースをあなたの得意分野にしてください!


特別限定特典をプレゼント

画像の説明

画像の説明


画像の説明


a:3295 t:2 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM